浅間山大好きミーティング


イベント詳細


浅間大好きミーティングの今回のテーマは「浅間山火山とヴェスヴィオ火山ー自然と文化・歴史との比較からー」です。

浅間火山山麓の風土や文化、歴史を深く理解するための視座は、広く世界を見渡し、同様な火山地域にまなざしを注ぐことで得られることがあると思います。今回は、日本と同様な火山地帯であるイタリアのヴェスヴィオ火山の自然と文化・歴史の比較から、二つの地域の類似点や相違点を考えます。火山というものは人類にとってどのような存在であり続けるのでしょう…。

どなたでも参加できますので、お気軽にお越しください! 

【日 時】2024年7月9日(火)13:30~15:30 
【場 所】小諸市文化センター 公民館2階 第一講義室
【参加費】300円(ジオパーク市民の会会員200円)
【主 催】浅間山南麓ジオパーク構想推進市民の会(通称:ジオパーク市民の会)
【問い合わせ】0267-23-5732(小諸ユースホステル内) 

ジオパーク市民の会は、「浅間山全域をジオパークにしよう」を目標に、浅間山について勉強をしています。賛同してくださる方を募集中!(会費 一口1,000円/年)

イベント会場:小諸市甲1275-2

2件のコメント

  1. 私80歳のさいたま市在住の老爺です。以前から 浅間山が気に入って散策しています。先日旅して7月9日第26回で、南麓の会を知り出席ました。以前から、ジオは如何して南北一体にならないか疑問でした。しかし今後南が追加し全域になることは、想定以上に困難かと思います。
    私はジオの素人なので分かりませんが、まず地元自治体と連携する事。次に既存の嬬恋・長野原との共同とする事が一番大事と思います。また範囲を広げないことも重要かと思います。範囲は軽井沢全域と御代田・佐久の湯川以北・小諸と東御は千曲川以北でしょう。また既存の長野原は吾妻川以南に縮小。問題のジオサイトは、少し絞り込むのも必要かと考えます。そんな訳で先日初めてミーティング参加しましたが、次回8月も少し遠いですが、もう1度だけ(たぶん最後かも)参加できれば幸いです。

    1. 貴重なご提案ありがとうございます。おっしゃるようにジオパークの範囲も行政との連携もどちらも大事な問題です。
      北麓のジオパーク協議会の方たちと私たちは人の往来や情報の交換を通じて様々なことを話しあっていますが、上の二つは特に重要な問題だと思っています。
      次が最後などとおっしゃらずに、浅間山ジオパークが認定されたら、みんなでお祝いの集まりを持ちましょう。そして、その時にも八木下さんとお会いしましょう。

コメントを残す